リスト

  • twitter
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 白馬岩岳に来ています | トップページ | 阿部勘 活性濁り! »

2007年1月24日 (水)

阿部勘さん訪問記

1月11日阿部勘さんにおじゃましたさいのレポートです。

    ・

2週間も経ってしまった><;

11日・・・・?

たしか、9日から連休していたじゃん!・・・・とツッコミの方、正解です。

阿部勘さんは宮城県塩竃市、仙台から在来線で30分くらいの所にあります

なのに、何故か9日降りた新幹線の駅は秋田県田沢湖駅!?

そこからバスにて小一時間雪の中の温泉郷”乳頭温泉”に何故か宿が取ってありました。

宿の手配をしたカミさん曰く。

せっかく塩竃まで行くんなら、近くの良い温泉宿があるから予約しておくね!

ですって、???秋田県て、確か間に岩手県挟んだその先ジャン^^;

でも、こんな雪の中の雰囲気のある宿でしたよ

Nyutouonsen_1  ・

二日目の10日、軽く仙台観光(?)のあと

夕食を阿部勘酒造の菅井さんと御一緒させていただきました。

”鳥善”と言う日本料理やさんです。

とりあえずのビールもそこそこに、早速菅井さんがもってきてくれた

秘密のサンプル日本酒の登場です!

初めは、山田錦の純米吟醸の福露取りの際、始めにたっぷりと濁った雫がこぼれ落ちるその雫だけを集めたお酒。(袋取りのあら走り?)

普通の活性濁り酒とはちがって、実にクリィーミィーな澱の舌触りが何とも絶妙!

程良い活性の炭酸ガスが爽やかでありながら、後からちゃんと澱の甘みとお米の旨みが楽しめて美味!!

是非、これ商品化してください!とお願いしたところ

ほんの僅かしか取れないモノでとても商品化は出来ないとの事。

残念。・・・・・でも、近々阿部勘さんの渾身の純米吟醸活性濁り酒入荷予定です!

Abekan1

二つ目は、東京出荷はまだしていないと言う”於茂多加”ラベルの山田錦の特別純米酒

いつもの”阿部勘”ラベルと比べると若干味わいがしっかりと広がるタイプみたいで

カミさんはこれがお気に入り!

ホントに味わいの広がりが楽しめる感じででも、そこは阿部勘さん。

ちゃーんと後味、喉ごし共にとっても奇麗に作ってくれています。

三番目はあえて地元の飯米”まなむすめ”を使った純米酒。

山田ほど広がりは無いものの、クセが無く食中酒にすいすいと思わず飲んでしまいたくなる様なお酒。

じっさい、楽しいお話と美味しいお料理とでかなり飲んじゃっていましたね^^;

ごちそうさまでしたm(__)m

ところで、こちらのお店、鳥は全く出ない鮮魚中心の料理屋さんなのに何故か”鳥善”(笑)

実は、初代が鳥料理屋さんだったんですって、でも現在は地元では有名な旨い魚を出すお店だとか。

ホントに美味しかったです。しかもボリュームたっぷり&ゴージャス

11日は朝八時から大吟醸用の蒸し米を見学させてもらうことに

蔵では、大きな蒸し米機がお出迎え。

過加熱水蒸気の蒸籠のようなモノだそうで、

白い煙がもうもうと上がっています、お米の炊ける美味しそうな香り♪

Abekan2seiro

酒米が蒸し上がりました、運び出しも手作業。

熱そう^^;

Abekan16

大吟用の山田錦の蒸し米です、光に当たるととってもキレイ

食べると、ちょっと堅い^^;

外硬内軟といって、外側は堅く内側は柔らかくが理想だそうです。

普通の飯米の様に粘っちゃダメみたい。

Abekan14yamada

今度は、急いで放冷です。

Abekan10hourei

朝の寒いうちに急いで目的の温度まで冷まします

Abekan12 ダマになっちゃうと仕込みの際ムラが出来るので

丁寧にほぐして冷まします。

ちょっとだけお手伝い(?)させてもらいました

かなり、手つきがあやしい^^;

地道な手作業で、なれないと腰痛くなりそう

こちらが、本日仕込み用の酒母タンクです。

先ほどの蒸し米と、麹、酵母、仕込み水が入っています。

Abekan9syubo

酒母→発酵のスターター的なもので、この中で酵母を大量に繁殖させて

本仕込みに使います。これの出来のによってお酒の味わいに大きく影響をもたらす

とっても大切なモノです。

その後、仕込みタンクの試飲させてもらいました♪

Abekan7tanksiin

う・旨い!ってコップのもろみを全部飲んじゃう私

菅井さん、「あ、全部飲んじゃった」て笑ってました

普通はそんなに飲まないらしい、試飲だから・・・

でも、旨かったんだもん(笑)

いやぁ、ホントに楽しかったです!

改めて阿部勘さんすごいなぁっと、感動しました

少量手作り、ほんとうにみなさんで丁寧に作っているんだなと、

なかでも、平塚杜氏を始め、若い方々の活躍、

これからますます楽しみにさせてもらいます。

特に、平塚さんは同じ歳だったんですね!

これからも応援していきます、ガンバって下さい!

最後に、前夜のお食事から蔵内の案内までしていただいた菅井さんを始め、

酒造り中のお忙しい中、蔵の皆様ほんとうに有り難うございました。

« 白馬岩岳に来ています | トップページ | 阿部勘 活性濁り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155961/5064545

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部勘さん訪問記:

« 白馬岩岳に来ています | トップページ | 阿部勘 活性濁り! »

最近のトラックバック